殺人鬼と宇宙人とうさぎ。

Daily Archives: 2010年5月13日

You are browsing the site archives by date.

ピーター・パン(2003/アメリカ、オーストラリア、イギリス)

ピーター・パン コレクターズ・エディション [DVD]
ピーター・パン コレクターズ・エディション [DVD]
mobileピーター・パン コレクターズ・エディション [DVD]

ロンドンの寒い夜。
今夜もウェンディーは弟たちにおとぎ話を聞かせていた。
寝静まった部屋に忍び込んだピーター・パンとティンカー・ベルは,ウェンディーたちを永遠に子供のままでいられる国“ネバーランド”へ誘う…。
誰もが知っている壮大な冒険物語が,最新の映像美と美少年によって新たに命を吹き込まれた!
100年目にして,今真実が明かされる。


アジア系人魚の不気味でおどろおどろしい雰囲気がいい。ああいう役は東洋顔のほうがしっくりきますね、やっぱり。
キャラクター化されたお綺麗なタイプではなくて、神話的というか伝説として語り継がれている人魚のイメージ。
きらきらした世界との対比も手伝ってインパクト大でした。

ティンカーベルは喋らない分表情の演技でなんとかしないといけないみたいですが、女優さん相当頑張ってました(笑
くるくる表情が変わって見てて面白かった。が、いかんせんちょっと大人過ぎてて妖精っぽさに欠けるような気がします。
公開当時は20代前半だったそうですが、もともとかなり大人っぽい顔立ちの人なんですね。
あとウェンディの父親とフック船長の中の人が同一人物にはとても見えなかった…役者さんすごい。

映像はきれいですが、ファンタジー映画ならまあよく目にする位のクオリティかなあ。
原作を読んだ事がないし、ピーターパンという作品に対して特に思い入れもない私には正直話の運びも退屈でした。
嫌いではないですが、あんまり印象に残らないタイプかなって思いました。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ