殺人鬼と宇宙人とうさぎ。

アドレナリンEX(2008/ドイツ)

アドレナリンEX [DVD]
アドレナリンEX [DVD]
mobileアドレナリンEX [DVD]

誕生日の夜をガールフレンドと楽しもうとしていたアレックス(ガブリエル・マン)のも とに、巨漢三人組が突然、借金回収に現れる。
力づくで椅子に縛りつけられた彼は、南米アマゾン産の正体不明の毒を注射されてしまう。
タイムリミットは80分。
それまでに返済し解毒剤を手に入れなければ、毒が体を蝕み死に至る・・・。


主人公がクズすぎて感動すら覚える
これはまちがいなく人間として奈落レベル。
ほんとに凄い。イライラすら通り越したドン引きと「お前が言うな」のオンパレード。
こういう性格だからこそ「まあこいつだったらどうなってもイイや」と思いながら見られるのは楽っちゃ楽。
劇中で主人公に与えられた時間が80分なので、ほぼリアルタイム構成になってるのが面白いです。
お金の工面に奔走するところから始まって(あっさり入手)、キレたおっさんが操る車に追い回されるというロードキラー的な展開になり、恋人とのごたごたが挟まり、更に友人のトラブルが割り込んできて…と盛りだくさん。
実はこのてんこもり展開、妙に不自然でごしゃごしゃしてて微妙だなあと思ってたんです。
…でも!この、無理矢理詰め込みましたー!展開もオチを見ると納得できるようになってるんだからちょっと悔しい。
ただ、そのオチが開始25分くらいでなんとなーく透けて見えてしまうのは大ダメージじゃないかと。


結局は劣化版の「ゲーム」(マイケルダグラスのやつ)ですね。
あっちも結構「え!?」だったけど、それでも人を納得させる力はあったと思う。
でもこっちはいくらなんでも無理無理。無い無い尽くし。
この上下でも散々言ってますが、なんせアレックスがksすぎるもん。わざわざこういうゲームを用意してやって、そのうえ借金をチャラにしてやるまでの説得力がひとっっっつもない。
「なんで?」に対する答えがどこにも見当たらない。
全体のつじつまを合わせる気すらないと見た。正直、このオチがやりたかっただけなんだろう。…それも既出オチってどうなの。
…とかキツいことを言いつつも、伏線の張り方はさりげなくてよかったと思います。開始数分ですでにそれらしいセリフがあったね〜
思い返すと「なるほどなー」と結構ニヤニヤできて楽しいww
主人公の言動にはとりあえず我慢して、ん?と思ったセリフを覚えておくといいかも。

しかし主人公の周りの人たち、優しすぎやしないか・゚・(ノД`)・゚・
どこにそこまでしてやる必要があると言うんだ!!
…正直、根っから腐ってる奴がこれでどうこうなるとは思えないから、これでまた人に借金しまくって「え〜、ごめん返せな〜い♪でもどうせみんな許してくれるんでしょ?」とヘラヘラしながら生きていくよ、こいつ。
っていうかさ、皆それでいいの!?友人2人なんてすごいヒドい事言われて&されてなかった?
あの本性を見た後で「友情を確かめたのさ☆やっぱり俺たちって親友だよな!」ってなる意味がわからない。あの、本当に失礼ながら、あなたたち頭大丈夫ですかレベル。(それくらいアレックスの言動がひどかった)
あと主人公と一緒でない時の登場人物の行動も演技だったの?見せる人いないのに?
(娯楽映画に対してこういうツッコミは無粋とは知りつつも)
なにより、主人公幸せエンドとかさすがに素直に受け入れられない。
ドッキリを仕掛けたことにより主人公のクズさ加減が浮き彫りになって、周りの人間たちがみんな去っていく孤立エンドとかだったら…まだなんとか…。

あとジャガーのオッサンが可哀想すぎて泣いた。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation