殺人鬼と宇宙人とうさぎ。

うちのうさ―うさぎあるあるフォトエッセイ(うさぎの時間編集部 )


うさぎとの生活は、決して「かわいい」ばかりじゃありません。飼い主はうさぎのツンデレな態度に日々振り回されるのです。むしろ振り回されるのが心地いい、すばらしいうさぎあるあるの世界。


・うさぎが大人しいと言い出した人に反省をうながしたい
・携帯で「う」と入力すると真っ先に「うさぎ」と予測変換される
・鞄の中に何故か牧草が入っていたことがある
・次の日にはうさぎのウンコが入っていた
・野菜が目に入ると、うさぎが食べられるものかどうか瞬時に判断する

・かわいい顔して、常に上から目線
・自分がかわいいということを知っている
・初めて見たものにはとりあえず匂い付け
・携帯電話のコードは噛むためにある

…ある。(断言)

うさぎの耳がかわいいだの鼻がかわいいだの、そんな陳腐な視線を一切排除した、うさぎマニアによるうさぎマニアのための本です。
特にうさぎのウンコまで愛おしいという感覚は、まさにうさぎ飼いにしかわからないものではないでしょうか?
うさぎをよく知らない人からすると「えー!?うさぎってそうなんだ!?」と驚くであろう行動や特性もばっちり押さえられていて、マニア以外も楽しめる作り。

うさぎを飼っている人はもちろん、飼っていない人、飼いたい人、好きな相手がうさぎを飼っているという人にもオススメです。
特にこれから飼いたいと思っている人は飼育本一式と一緒にこちらも揃えておくといいかも。
ただ、こちらは飼育本とは違って定期的に読み返すものでもないので、それを考えると価格がちょっと高いような…

『うさぎあるある集』であると同時に『うさ飼いあるある集』でもあるこの本は、仲良くなりたい相手に自己紹介代わりにそっと差し出す本としても役立つかもしれません。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation