殺人鬼と宇宙人とうさぎ。

ザ・ベイ(2012/アメリカ)

メリーランド州チェサピーク湾にある、昔ながらの海辺の町クラリッジ。そこでは、水こそが地域の原動力となっている。ある日、2人の海洋学者は湾の水に驚くほど高濃度の毒性があることに気づく。彼らは市長に警告するが、静かな町にパニックを起こすまいと市長はそれを無視する。7月4日、町は独立記念日を祝うカーニバルムードに包まれ、たくさんの人々の笑顔で溢れていた。しかし、その風景は一瞬にして惨劇へと変わる。チェサピーク湾に疫病が発生。人々は精神を、ついには体中を蝕んでいく突然変異した寄生虫の餌食となる―――!

原題:THE BAY

耳の後ろがぞわぞわするような、気持ち悪い映像がてんこもり。
ホラー的な『怖い』じゃなくて『気持ち悪い』を狙った映画です。

取り扱ったテーマは寄生虫。
「ないわー」となりがちなテーマですがリアリティあるものに仕上がっていてぞわぞわしっぱなしでした。
ただ寄生虫が皮膚を食い破って出てくるような直接的な映像になると急に嘘っぽくて…やっぱりないわーって感じでした。

それに車の後部座席に感染者が潜んでるって展開はギャグでやってるのか…!?
これってそういうホラー映画でしたっけ。
前半はリアルに作り込んであっただけに、どんどんボロボロになっていくのがもったいなくてならない。

実際に撮影したカメラの映像を繋ぎ合わせているという演出にも関わらず、SEが入るのもよろしくないと思う。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation