殺人鬼と宇宙人とうさぎ。

Category Archives: コメディ

最終絶叫計画(2000/アメリカ)

最終絶叫計画 [Blu-ray]
最終絶叫計画 [Blu-ray]
mobile最終絶叫計画 [Blu-ray]

ハロウィンの夜、ハイスクールの美少女ドリューが“ハロウィンマスクをかぶった殺人鬼”に惨殺された。テレビカメラやレポーターが殺到し街が大騒ぎになる中、シンディ・キャンベルは不安に駆られていた。実はドリューが殺された日のちょうど1年前、彼女は恋人のボビーや仲間のショーティー、ブレンダ、バフィ、グレッグらと共に“ドライブをしていた際に、大騒ぎをしたあげく、道路に出てきた男をはねてしまい、死体を海に投げ捨てた”という出来事があったのだった。あの出来事とドリューの死に関係あるのではと心配するシンディ。仲間たちは関係があるわけがないときっぱり言い捨てるが、次々にその仲間たちが殺されていく。


このバカ映画の何が好きって、「そこまでこだわるか!?」ってくらいネタが細かいところ。着眼点が好きです。
こだわる方向がおかしいだろと言いたくなるほどこだわった小ネタが全部分かる人はきっとそうとうな映画マニア(笑
下ネタも多い…っていうかほぼすべてがそっち方向なんですけど、不思議と嫌な感じがしないのはとことんまではっちゃけてくれてるおかげかなあ。ここまでくるといっそすがすがしい。

パロ元のベースは『スクリーム』。作中の殺人鬼もゴーストフェイスです。
正直本家のゴスフェよりも可愛い。
そのほか『ラストサマー』『エルム街の悪夢』『マトリックス』『シックス・センス』などが元になっています。
ラストに『ユージュアル・サスペクツ』を持ってくるセンスに脱帽。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

6デイズ/7ナイツ(1998/アメリカ)

6デイズ / 7ナイツ [DVD]
6デイズ / 7ナイツ [DVD]
mobile6デイズ / 7ナイツ [DVD]

ニューヨークの雑誌編集者モンロー(アン・ヘッシュ)は、南海でのバカンスを楽しもうとしていたところを上司に呼び戻されるが、セスナ機での帰途の途中暴風雨に遭い、パイロットのクイン(ハリソン・フォード)ともども無人島に不時着してしまう…。


二人の体力と気力と運の強さと生活能力の高さがうらやましいw

「その道具はいったいどっから出てきたんだ…?」とか細かいツッコミを始めるとキリがないですがオーソドックスなサバイバル映画といった感じで気楽に観られる。
ストーリーが平凡で頭を悩ませる部分がない分、魅力的な主役二人のやりとりを120パーセント楽しめますしね!

しかしこのラストは…映画的にはハッピーエンドなんでしょうけど、ひねくれ者の私としては「それ吊り橋効果もいいとこじゃね?」なんて思ってしまいます。
そういうラストまで含めて、いかにもアメリカ映画らしいアメリカ映画かな。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ダンジョン&ドラゴン(2000/アメリカ)

魔法を操る貴族メイジが支配するイズメール王国では平民たちは奴隷のような扱いを受けていた。そんな国状を憂いた若き女王サヴィーナは自ら操るゴールデン・ドラゴンとともに、邪悪な宰相プロフィオンに立ち向かうのだが……。

原題:Dungeons & Dragons

主人公がなんとなくブレンダン・フレイザーぽい雰囲気。
そんな彼とヒロインの関係が縮まるタイミングがすごく唐突に感じてびっくりしました。
お互い惹かれるような場面、どっかにありましたっけ!?

なんか、一人一人のキャラクターはそこそこ魅力的なのにそれぞれの繋がりが薄いんですよね。
ついでに彼らがいる意味もあんまりない。
なぜなら全ての危機的状況はすべて主人公の腕力ゴリ押しだけで解決してしまうから。

原作ありきだからなのか?世界観の説明は不足気味に感じました。
貴族と平民の生活の違いとか、ドラゴンの立ち位置とか、杖の存在だとかがいまいちしっくりこなくて、話に入り込みづらい。
こういうファンタジー系は世界観の確立が一番大切だと思うんだけど。
衣装や小道具がいかにも安いのも痛いです。

ラストシーンくらいは魅せてくれるかと思ったけど中ボスのハゲはいきなり弱体化してるわ、ラスボスはただのアホだわ、ここにきてまでやっぱり問題の解決方法は主人公の特異性と腕力ゴリ押しだわでどうしようもない。

極めつけに、根拠の不明な生き返り展開(を示唆するラスト)も勘弁してください…。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

アメイジング・ワールド(2008/イギリス)

アメイジング・ワールド [DVD]
アメイジング・ワールド [DVD]
mobileアメイジング・ワールド [DVD]

アメイジング・ワールド 勇士の帰還 [DVD]
アメイジング・ワールド 勇士の帰還 [DVD]
mobileアメイジング・ワールド 勇士の帰還 [DVD]

亀の甲羅の上にいる4頭の像に支えられた円盤の上にある世界”ディスクワールド”。そのディスクワールドの危機を救うため、落ちこぼれ魔法使いのリンスウィンドと観光客のトゥーフラワーは、世界の果てを目指すが…。


これ前編後編でワンセットですからね!
片方だけ見るとブツ切りの終わりで訳わかりませんからね!

ディスクワールドという世界観がまず面白いと思う。いかにもファンタジー!という感じでわくわくv
ナチュラルにフシギアイテムがいっぱい出てきて楽しいー!!イギリスらしいファンタジーへのこだわりを感じます。
テレビ映画の割にセットもSFXもレベルが高くてびっくり。中世っぽい町並みのくすんだ色使いもきれいだし、音楽も楽しい&かっこよくていいですよー。

ただ魔法使いが頑として魔法を使わないのが残ね…いや、後編でしょぼいの使ってたか。
全体的に力が抜けていて、ぼけーっと見られて面白い。まったりファンタジー。
あとヒロインはまさかのカバン…(笑

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ディック&ジェーン(2005/アメリカ)

ディック&ジェーン [DVD]
ディック&ジェーン [DVD]
mobileディック&ジェーン [DVD]

IT企業で働くディックは念願のマイホームを購入し、おまけに昇進も決定。
まさに人生バラ色だった。ところが、ある日突然会社が倒産。
思いつめたこの2人、コンビニを手始めに強盗稼業に全力投球!!
すると、もともと勤勉な彼ら、犯行の度に胸を上げ、その手口もどんどん洗練されていく!


よく考えなくても絶望的な状況なんだけど、夫婦の明るさのおかげでその辺りがうまくぼかされているというか、重たさを感じない作りになっているなーと思います。
これがただ能天気なだけだったらイライラするだろうけど、この二人の態度に関しては作中の描写から「お互いを信頼しているゆえの明るさ・前向きさ」であることが十分に汲み取れるのでむしろ好印象です。
ふたりともなんか可愛い(笑

これぞアメリカンコメディの王道!と叫びたくなるようなノリのこの作品は、観る人を選ばないので広くおすすめすることが出来そうです。

エンドクレジットの「ご協力いただいた倒産企業の皆さんに感謝します」つーのがまたブラックな…w

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

デスバーガー(2007/アメリカ)

デスバーガー [DVD]
デスバーガー [DVD]
mobileデスバーガー [DVD]

深夜のハンバーガー・ショップ「ヘラ・バーガー」で猟奇的な殺人事件が起こる。現場に駆けつけた刑事は、女子高生のマッケンジーに疑いの目を向ける。しかし、マッケンジーにはアリバイがあった。その後第2、第3の殺人事件が起こってしまう。目撃者の証言で「ヘラ・バーガー」のマスコットが現れるというが…。次第に意外な事実が明らかとなっていくが、犯人の魔の手はマッケンジーに及んでいく。


原題:DRIVE THRU

ピエロの…じゃなくてホーニーさんがあの手この手でティーンエイジャーたちを血祭りにあげていくスプラッタホラー映画。
これ系はグロ重視でストーリーがおろそかになっている作品が多いですが、その点これは犯人のバックグラウンドがしっかりしてます。

ホーニーさんは理由なく行動する殺人鬼ではありません。
18歳の頃、被害者の親たちのいじめによって命を落としたホーニー(の中の人)は、彼らの子供たちが18歳になった今こそ積年の恨みを果たすべく少年少女たちを殺して回っているのです。
『エルム街の悪夢』が浮かぶ人も多いだろうと思う。でもフレディが完全逆恨みなのに対してホーニーの恨みは至極真っ当で、そこが違うかな?
やられる側がことごとくDQNということもあって、「いいぞもっとやれ!」と右腕を突き上げたくなるのです。

ピエロのちょっとちゃちだけどこだわりの詰まった衣装もそうだし、案外しっかりしたストーリーや、その反面ぶっとんだゴア描写とか、どこを見ても「作りたいものを作った!」っていう製作陣の満足感みたいなものを感じる。
同時に予算の乏しさを痛感させられる面もありますが、それはそれ。
B級だけど愛のある作品で、軽く楽しめる意外なあたり映画でした。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

トゥルーマン・ショー(1998/アメリカ)

トゥルーマン・ショー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
トゥルーマン・ショー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
mobileトゥルーマン・ショー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

保険会社に勤める平凡なセールスマンの生活が、隠しカメラによって24時間テレビ放送されていたという物語を描いた、ジム・キャリー主演の傑作コメディ。典型的なアメリカ市民、トゥルーマン。しかし彼の暮らす環境は、どことなく不自然。実は彼の人生は隠しカメラによってTV番組「トゥルーマン・ショー」として世界中に放送されていたのだった…。


ラストのジム・キャリーの笑顔がすべてだなあと思います。
あの間とか空気にあの笑顔!!

で、この映画はそこでめでたしめでたしと終わらないところが好き。
最後の最後にオチがちゃんと用意されてるんですよね。
そのオチがある意味すごく怖くて、感動の余韻もなにも吹っ飛ぶくらい…。
そうだよねー、「視聴者」なんてそんなモンだよねー。
明るいノリでうまく覆い隠されて(というか絶妙にバランスがとれて)いますが、よくよく考えるとこの映画のテーマはとても怖く、黒いと思う。
とはいえテンポのいいコメディ映画であることには違いないので、あまり気負わずに楽しむのが吉。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004/イギリス)

ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]
ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]
mobileショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]

ロンドンに暮らすショーンは、いい歳して人生の目標や目的を持たぬまま、親友のエドとパブに入り浸るばかりの冴えない毎日を送っていた。そんな彼に長年の恋人リズもついに愛想を尽かしてしまう。このままではいけないと自覚したショーンは、リズとヨリを戻すため、これまでのだらしない生活を改めようと決意する。ところが、ショーンが恋人のことで頭がいっぱいになっている間に、街にはゾンビが溢れ、生きた人間を次々と襲っていたのだった…。


sotd05
「わかってる」人が「わかってんだろ?」という気持ちで制作した『わかってる』ゾンビ映画。
かつ、『視聴者が参加出来る』ゾンビ映画。
視聴者にツッコミの余地を与えてくれる場の繋ぎ方のおかげで、気がつけばあっという間にショーンの世界に引きずり込まれちゃいます。


sotd04
典型的な「明日から本気出す」男、ショーン。
本人曰く「他にやりたいことはある」けどずっと後回しにしてばかりで、いい加減な生活に甘んじている。
そんな性格だから(?)か、徐々に狂乱状態に陥っていく町の様子にもまったく気づかず。

sotd02
sotd03
町、こんなんなってるのに。
走らないタイプのゾンビでよかったねショーン…


普通だとどうしてもだらけてしまいがちな、ゾンビ発生の要因に時間を割くことなくサクサクと進むストーリーが小気味よい。
そうよね、どうせ始まりなんて怪しげな実験が失敗してうんたらかんたらとか新しい病原菌がなんたらかんたらとかで代わり映えしないんだろうし。

sotd01
一貫して説明臭いところがなくて、分かる人だけ分かってくれればいいや、みたいなトコがある。
で、それがプラスになるかマイナスになるかは観る人によるのかなあと。
普段からホラー映画(特にゾンビモノ)をあまり観ない人にはピンとこない部分も多いのではないかと思います。

逆にゾンビ映画フリークなら端々でニヤリとしてしまうこと間違い無し。
この映画、一見お気楽に作られたようでいて、実はかなーり手の込んだ作品だからです。
特に全編に渡ってちりばめられた遊び心の多さには驚かされるばかり。
何度観ても新たな発見があるんだよー!きっとまだまだ自分が気づいてない小ネタも伏線もいっぱいあるんだろうなあ。
ずっとずっと手元に置いておいて、何度も見返す事で自分のホラーマニア度(笑)の計りにしたい。

それでいて愛する人や友人がゾンビになってしまったら?というゾンビ映画の永遠のテーマも踏襲しており、ただの悪ふざけ映画で終わっていないところが好きです。
ふざけすぎず、かつシリアスになりすぎず…の神がかったバランス感覚はなかなか真似出来るものじゃない。


sotd06
おまけ:ショーンの義理の父親を演じるビル・ナイがいい味出し過ぎ。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

N.Y.式ハッピー・セラピー(2003/アメリカ)

N.Y.式ハッピー・セラピー [DVD]
N.Y.式ハッピー・セラピー [DVD]
mobileN.Y.式ハッピー・セラピー [DVD]

デイヴは優柔不断で気の弱い若者。そんな彼が、些細な誤解から暴行容疑で逮捕された。裁判の結果、判事から《怒り抑制セラピー》を受けるように命じられるが、セラピストのバディは、患者以上に“キレやすい”アブナイ人だった! そんなバディの治療と称した理不尽な行動に振り回されるデイヴは、ストレスから怒りを爆発。その結果、予想もしなかった事態が起こり!?

原題:Anger Management(怒りの抑制)

不運な男を更に不運に突き落とすセラピストの行動をどこまで許容できるか、それにすべてがかかってると言っても過言ではない。
バディの振る舞いは(作中でも言われてる通り)サイコギリギリライン。
ジャックニコルソンの怖い顔と相まって本気でうわあってなります…

セラピーを受けるきっかけになった事件もデイヴが悪い訳じゃなく、しかもその後の展開も陰謀めいて見えるくらい悪い方悪い方へと転がるばかりだしその度にデイヴは振り回されっぱなしで、そのうえ周りの人間は彼を煽るようなのばかりときたら、最後まで見る気になれない人もかなり多いかと思う。

それだけにオチはびっくり!よりも「なーんだ」という安心感の方が強い。
一人の軽症患者にどんだけ金と手間ひまかけてんだよという意味ではびっくりだけど…

身勝手で理不尽で他人を振り回すキャラが苦手な人には不向きな映画です。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ジョーズ・アパートメント(1996/アメリカ)

ジョーズ・アパートメント [DVD]
ジョーズ・アパートメント [DVD]
mobileジョーズ・アパートメント [DVD]

アイオワからニューヨークにやって来たジョーは、おんぼろアパートに住みついた。ところがそこでは、食べ物がなくなったりと奇妙な事が次々に起こる。何とその部屋には、ゴキブリが5万匹も住んでいたのだ! ジョーは退治するべく奮闘するのだが、彼らは喋る事もできて……。

原題:JOE’S APARTMENT

汚部屋をまったく気に留めない性格から、ゴキブリに『同類』認定を下される…ってそんな主人公ヤだよ!…って最初は思ってたんですが、見てるうちにどんどん愛着がわいてくるから不思議なもので。
少年のように無邪気でまっすぐな彼はとても楽しいし、素直に応援したくなる。

だがゴキブリ、テメーはダメだ。
いくら喋って歌って踊ろうがゴキブリはゴキブリだよ!
いや、たしかにアップになると意外にもそこそこ愛嬌のある顔してるとは思うけど…
引きでザワザワ動いてるのを見ると鳥肌立つ程度にはリアルゴキブリだからやっぱり許さん。

でもジョーは奴らをあっさり受け入れてしまうのです。
数十匹のゴキブリにまとわりつかれようが口に入れてしまおうが全然平気なのです…。
なので『退治するべく奮闘』というあらすじには違和感。

そんな彼が、ある日出会った苦情処理局のリリーに恋をして彼女の心を射止めるべく奮闘する…というのがメインストーリー。
もちろんゴキブリのバックアップ付きで。
邪魔なおんぼろアパートを解体して連邦刑務所を建てたい政府の思惑と、入居者を追い出すための殺人計画(!)などちょっと刺々しいテーマも含まれていたりして、それがまたスパイスとしていい味出してるんです。

正直全体としては話の起伏に欠けるのが否めないけど、それを合間合間に挟まるミュージカル要素でうまくカモフラージュしてあると思う。
どの曲もノリがよくって好きです。特にタオルの歌が…全然頭から離れてくれなくて……(´ε`)

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ